ビフィズス菌 LKM512

乳酸菌サプリメント 人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリです!
top > ビフィズス菌LKM512の効果・効能について

ビフィズス菌LKM512の効果・効能について

LKM512 ビフィズス菌は発酵乳から発見されたビフィズス菌の一種です。

乳由来のビフィズス菌(乳酸菌)の中では生命力が高く、胃酸でダメージを受けずに腸まで到達する能力がとても高く、さらに大腸で根付いて増殖する働きもあります。

大腸にまで達したLKM512 ビフィズス菌は、腸内でポリアミンという物質を生成します。

ポリアミンは年齢ととに低下しやすく、若々しい健康的な腸内を保つのに欠かせない善玉物質です。

腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きをサポートしてくれるので、便秘や免疫力アップ、花粉症などのアレルギー予防などに役立ちます。

このページを見た人に人気のサプリ

日本人の腸と相性が特に良い植物性乳酸菌!

カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ

腸で生き抜く力が強い、ラブレ菌だけを配合しています。
日本人の腸と相性が特に良い植物性乳酸菌のラブレ菌を1日1粒でしっかりと補うことができます。