C-3102株

乳酸菌サプリメント 人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリです!
top > 枯草菌C-3102株の働き・効果について

枯草菌C-3102株の働き・効果について

カルピスが発見した枯草菌 C-3102株は正式名称はバチルス・サブチルスC-3102株。

納豆菌の仲間でもあり、醤油や味噌などに存在する微生物・菌です。

酸に対して非常に強い耐性があり、摂取しても胃酸などに負けずに、99%が生きたまま大腸に届く性質があります。

腸内では通常の乳酸菌とは異なる働きがあります。

一般的な乳酸菌は摂取し、大腸にまでたどりついた乳酸菌が腸内の善玉菌や悪玉菌に働きかけます。

この時、摂取した乳酸菌が自分の腸内環境と合わない場合、せっかく大腸にまでたどり着いた乳酸菌はそのまま体外に排出されてしまいます。

枯草菌は摂取した人が元々体内に持っている善玉菌の数を確実に増加させ、働きも高め、悪玉菌の減少をサポート。

ヨーグルトなどの乳酸菌に比べ、効率よく腸内環境を整えることができます。

ヒトが元々腸内に持っている善玉菌を増加させる作用は実験でも効果が確認されていて、学会でもそのメカニズムが発表されています。

近年では、枯草菌の体内に元々存在している善玉菌を増加させる働きは新プロバイオティクスと呼ばれています。

悪玉菌を減らしたい人に人気のサプリ

善玉菌の養分「ミルクオリゴ糖」を配合!

久光製薬 乳酸菌EC-12

胃酸の影響を受けずに腸にまで届き善玉菌の養分になる「ミルクオリゴ糖」を配合。
善玉菌の働きを助けることで、効率よく悪玉菌を減らせます。